スタッフブログ

カーブス「フードドライブ」のお手伝いとビッグラン募金を預けてきました

掲載日2021/02/26

カーブス,curves,フードドライブ,ビッグラン,募金,チャリティ,bigrun,走れビッグラン

カーブス,curves,フードドライブ,ビッグラン,募金,チャリティ,bigrun,走れビッグラン

カーブス「フードドライブ」のお手伝いとビッグラン募金を預けてきました

湯来町の障害者支援施設「愛命園」さんへ

 

森井です。

ビッグランとして久しぶりに「フードドライブ」のことを書かせていただきます。

以前はお手伝いで私が何度か愛命園さんへ同行していましたが、近年はカーブスの事業担当と社長・専務にお任せしていました。

今年は久しぶりにビッグランのスタッフもお手伝いさせていただくことになり、代表して経理の小田本に行ってもらいました。

 

まず、フードドライブの説明を致しますと

家庭にある食料(缶詰やレトルト食品などの保存食品)を募り、食料を必要としている女性や子ども達、高齢者に寄付をする為の活動です。日本では聞きなれない活動ですが、米国ではとてもポピュラーなチャリティ活動で、既に学校や企業、地域などで定着しており、フードドライブで集まった食料を各地区で一度集め、施設や団体にお届けします。 The Nation’s Food Bank Network(全米フードバンク・ネットワーク)は、全米 50州とワシントンDC、そしてプエルトリコの地域に、200のフードバンクと食糧援助組織を擁する団体で、末端支部組織までを含めると、その規模は 5万箇所に至ります。このフードドライブは、1960年代にアリゾナ州フェニックスで始まり、今では既に全米に広がっています。全米フードバンク・ネットワークが年間に貯蔵し供給する食料の量は、およそ90万トンに達し、これらの食料は、アメリカ国内で毎年2500万人の食料を必要としている方へと届けられています。うち子どもは900万人を超え、高齢者は300万人程度となっています。

カーブスサイト https://www.curves.co.jp/convey/food/ より抜粋)

 

というものです。

 

ビッグランではドリンクコーナーに設置している募金箱のお金をお渡ししてきました。

わずかではありますが少しでもお役に立てれば嬉しいです。

 

また、今年からは新しい募金プロジェクトを始動しました。

こちらは改めて後日ご報告致します🍀

 

ドリンク募金にご協力くださった皆様、ありがとうございました。

引き続きよろしくお願い申し上げます。🙇

 

カーブス,CURVES,フードドライブ,ビッグラン,bigrun,チャリティ,募金,

(翌日の中国新聞朝刊より)