2015.05.18 現行クラウンハイブリッド ガラスコーティング施工

こんにちは。度々甲斐が更新します。

今回は、藤田さん担当のお客様の現行型クラウンハイブリッドのガラスコーティング施工をしたので紹介します。

IMG_1352

やっぱりフロントのスピンドルグリル、いつ見てもカッコいいですね。

カラーも滅多に見ないネイビーです。(僕が見ないだけかな笑。)

とりあえず、まずは下地処理からしていきましょう。

下地処理に使うのはこれ↓

IMG_1388

ダブルアクションポリッシャーと極細目のコンパウンドです。

まだ新しい車なので磨きもそれほどしません。がっつり磨くと塗装を傷める可能性もあるので。

塗装に傷や色あせがある車、中古車などはがっつり磨いて塗装面を綺麗にしますが、

このクラウンはまだまだ綺麗な塗装面なので軽く磨きます。(もちろん磨く前に洗車をしますよ。)

IMG_1353

コンパウンドを付けてボディーに伸ばして線傷を消す為磨いていきます。

これが神経使うんです(^_^;)(顔が真剣に見えますが、ホントに真剣なんです笑)

強くポリッシャーを押し当てると逆に傷を作ってしまうし、かといってあまり力を入れ無さ過ぎると傷が消えないので

難しいんです。(・・;)

そんなこんなで磨きをするんですが、ボディー全体を磨き終わったらコンパウンドを専用クロスで拭き取って

脱脂シャンプーをします。(普通のタオルでも傷が付くんですよ。)

IMG_1380

専用のシャンプーでコンパウンドの油膜などを洗い落とします。

天気がいい時などはシャンプーの泡が乾いてボディーに焼き付いてしまうのでこまめに水で流しながら洗っていきます。

IMG_1382

一応ボンネットを半分脱脂シャンプーして撮ってみました。

右が脱脂シャンプーした側です。水を弾いて無いですよね?

こうしないとガラスコーティング剤が綺麗にボディーに定着してくれないんですよ。

脱脂シャンプーが終わったら吹き上げて施工なんですが、実はもうひと手間あるんです。

それは、ボディーの隙間に入ってる水をエアーで吹き飛ばすこと!

IMG_1383

洗車の後ちゃんと拭き上げたのにどこからか水が出てきてるってことありますよね?

それを防ぐためにエアーで吹き飛ばします。

水がガラスコーティング剤を弾いてしまうのも理由です。

この工程が終わったらいよいよガラスコーティング剤を塗っていきます。

IMG_1384

当社で使っているガラスコーティング剤です。

これを専用スポンジに適量付けてボディーに塗って専用クロスで拭き取っていきます。

これがすごく伸びてくれるのでこれ1本で普通車2台分です。

今回は藤田さんからも指示があったので少し厚塗りしました。

後はひたすら塗っては拭き取り、塗っては拭き取りを繰り返していきます。

IMG_1386

IMG_1385

IMG_1387

仕上がりを載せては見たものの・・・・・

 

 

 

あまり分からないんじゃないか?と内心思ってますが、実際はボディーの色に深みが出てますよ。

コーティングをすると汚れが付きにくく、水洗いでサッと落ちてくれるので洗車が楽になります。

是非一度試してみませんか?

 

甲斐でした。

スタッフ 甲斐

関連記事

【めちゃ得 愛車ご売却パック】とは スーパー乗るだけセット カーセンサー在庫車情報 カーセンサー認定とは 委託販売ネットワーク【カーリンク】 そんぽ24のご継続、お申し込みはこちら 募集ツール番号「SH7LC12-0015」
引受保険会社:そんぽ24損害保険株式会社
〒170-6044 東京都豊島区東池袋3-1-1サンシャイン60
代理店店主・使用人は、損害保険契約の締結の媒介を行っており、保険契約の締結、保険料の受領、契約内容が変わった場合のご通知の受領などの権限はありません。

営業日カレンダー

ページ上部へ戻る